たばこやアルコールは程ほどに

たばこやアルコールは程ほどに

男性の多くが、たばこもしくはアルコールをたしなむと言われています。どちらもたしなんでいるという人もいるようですね。
たばこに関しては、男性の喫煙者は年々減少傾向にあるそうです。一方女性は変化なしもしくは年齢によっては微増しているとこのこと。
女性の男性化とか、ストレス解消とも言われているようです。
そんなたばこやアルコールは体内の亜鉛を大量消費してしまうと言われています。亜鉛の大量消費によって、体内は確実に亜鉛不足になりますが、その結果精液が作られないということになるのです。このことから、精液を作るには亜鉛が重要だということが言えるでしょう。
また、男性の生殖器である睾丸や前立腺などの臓器には、もともと亜鉛が含まれているということも影響を及ぼす要因となっているようです。
精液を作ったりする臓器そのものに亜鉛が不足していると、製造そのものができなくなるということは容易に想像できます。
このような一連の流れがあるようです。

 

たばこやアルコール、たばこについては百害あって一利なしとも言われていますから、できれば止めた方がいいようです。
アルコールも飲み過ぎには注意して、休肝日を作るということが大切です。
また、妊活を行っている場合は、奇形精子(受精できない精子)率が高くなるので、たばこやアルコールは程ほどにした方がいいそうですよ。